最近、ヨガを日常にとり入れて思う
ストレッチと瞑想を組み合わせ、自分の心と体と対話する感じ
ストレッチは、体をほぐし柔軟な肉体を作っていくイメージ
瞑想は、自分の内面と向き合い心をほぐし悟っていくイメージ
過去にそれぞれとり入れることはあって
それぞれのイメージは持っていたけれど
ヨガはそのいいところが統合され相乗効果があるように思う

自律神経のバランスが崩れてから
力んでいるとき呼吸が止まっていることによく気づくものの
気がつけば力が入っていることを繰り返していた
自律神経のバランスを戻していくのは
表面的や型だけではダメで
根本的にしっかり整えていくことが大事だなと思う
ヨガをとり入れてみて
初めはリラックスしているつもりだけど
色んなところの力みに気づく
息を意識して力を手放していく
力が抜けていく感覚をじっくり感じながら
借りている心と身体をコントロールする

大事なのは呼吸、息を意識的に深くする
息は生きるを意味する
無意識にでもできる生きるため必要なこと
あえて意識的に深くすることで
生きるために必要で大切な働きがあるようです
身体を動かしながら息を意識することで
今の自分に気付かされることも多いようです

山頂で素晴らしい景観を眺めながら
深くする息はとても素晴らしく
満足感と達成感と生きていることを思い出します

共に学び努力したり協力したりする人と
息が合っているときも充足感を感じます

自分の心と向き合いながら
自然に誰にでもできる息だからこそ
とても重要でその意味は深いです

いつかは息をひき取ります
その時までしっかり息をしてイキイキと生きよう

そして息をひき取っても
覚えていてくれて
引き継いでいける命を大事にできる世界を願います

コメント

タイトルとURLをコピーしました