対人援助職として

#9「自分探し」なんてやめる

「小さな悟り」より 「自分探し」なんてやめる 「今、ここ」にいる自分が全て 自分探しの旅をしていると思っている人は、たまにいるかと思います 意外と多いのかもしれません いやいや、そんな旅しても前には進めないよ...
対人援助職として

#8「考える」よりも「感じる」

「小さな悟り」より 「考える」よりも「感じる」 大事なのは「肌で感じる豊かさ」 物の豊かさ、情報の豊富さに「豊かさ」の価値を感じやすいのかなと思う 前にも書いた事があるけれど 黒電話の時代から、ポケベル、PH...
対人援助職として

#7 シンプルに考え行動する

「小さな悟り」より シンプルに考え行動する 人生に「特別な意味」など必要ない 「損得勘定」が人生をややこしくする 「自分は何のために生きているのだろう」と考えることは悪いことではないが、「損得勘定」が働いてしまって...
対人援助職として

#6 事実は「そのまま」受け入れる

「小さな悟り」より 事実は「そのまま」受け入れる すると最善の策が見えてくる 「なぜ私が・・・」ということが起きたとしても 病気になったり、大切なものを失ったり、予定と違い環境が変わっってしまったり、 思って...
対人援助職として

#5 過去に心を注がない

過去はどんなに抗っても取り返しがつかない ああ言わなければよかった、こんなことしなければよかった なんて思うことは誰しも経験すること そんなことに囚われすぎても仕方ない 「小さな悟り」には、ポイントは「潔く忘れる」...
対人援助職として

#4 不幸はあって当たり前

何をもって「不幸」とか「幸福」と感じるのか 人それぞれ感じ方は違うと思うのですが 幸せでいたいと、それが長く続いてほしいと思う人もいるだろう でもよく考えて見て欲しい ずっと幸せな時間が続くって、当たり前になってし...
対人援助職として

#3 日常の小さな変化に気づく

考え事をやめ、景色に目を向けよう。 毎日が同じことの繰り返しのように感じていませんか。 常じゃない、変化していくもの、変化に適応していくことの話をしたが、 日常レベルの時間軸で見ると、常であり変化は少ないから、慣れていく...
対人援助職として

#2 絶対、無理をしない

コロナ禍で緊急事態宣言が3月7日まで延長となった。 そういう意味でも生活に制限がかかり疲労感が続く1年を過ごした。 そんな中での緊急事態宣言。 今後も大変な状況が待っている。 「絶対、無理をしない」 周囲には...
対人援助職として

#1 まず「無常」を深く受け入れる

世の中の全てのことは「常ならず」 「小さな悟り」を手にした。 数年前に購入していて、また読もうとBOOKBOXの上部に乗っけたまま放置していた。 諸行無常 自分に降りかかってくる変化を好まない人は多いのでは...
対人援助職として

よいしょ君

50才のおじさんが、20代30代の若者たちに刺激を受けた話 専門職としての成長や、より良い多職種チームとしての実践に悩んでいても 個々を尊重し悩んでいる者の話を聴く同僚や先輩たちがいて 今の自分達に出来ることを考え、提...
タイトルとURLをコピーしました