Diary

BOOK

#46 一人舞台から降りる

もっと大きな仕事をするためにおかげさまで精神で広がる可能性は無限ビジネスの世界では、まさに生き馬の目を抜くがごとく熾烈な競争が繰り広げられています。その中で膨張の一途をたどったのが「我欲」自分が成績を上げることを最優先する考え方...
Diary

山下清展に感動

少し遠出の小旅行の機会をつくった山に行きたかったのだけど天候に恵まれず美味しい料理を食べ気持ちのいい温泉に入りそこで生活をされている方の話を聞き気分転換のひと時を過ごした 教えていただいた放浪美術館山下清展に足を運ん...
BOOK

#45 あれもこれもをやめる

体は一つ、1日は24時間しかない人は常に制限付きで生きている「あれもやりたい、これもやりたい」と思うのはいい。仕事に対する意欲の表れです。しかし心のどこかで「そうは言っても、自分にできることなど、たかが知れている」とわかっている...
Diary

力を手放す

ヨガを取り入れるようになっていろんなヨガがあることを知る毎日身体の力を抜くことを意識する体の硬さに焦りながらいろんな部位が力んでしまう 呼吸を意識して息を吐きながら「力を手放して行きましょう」YouTube先生の声になるほど...
Diary

最近、ヨガを日常にとり入れて思うストレッチと瞑想を組み合わせ、自分の心と体と対話する感じストレッチは、体をほぐし柔軟な肉体を作っていくイメージ瞑想は、自分の内面と向き合い心をほぐし悟っていくイメージ過去にそれぞれとり入れることはあ...
BOOK

#42 大事なことは会って伝える

あなたは「誤解」されていないだろうか メールの最大の弱点は、本心が伝わりにくいことにあります。 実際に会って話すときは・・・態度や表情、声に込められた調子などによって、心から出た言葉かどうかすぐにわかってしまうからで...

心が亡くなるのではない

親の介護が気になる時期が来ることは多く人が経験する 平均寿命も長くなり老化に逆らえない生命は 脳の機能も衰えていくのは当然のこと 自分でも自覚できるくらいだから 高齢者はもっと不安になる時期を過ごすことも多...
Diary

そこに入りたい時は・・

ランチに出掛けた時のこと駅近くのビルのトイレに入ろうとした時小学生低学年くらいに見える男の子とお母さん多目的トイレの扉を力を入れて何度も開けようとする使用中ということに途中で気づいて女子トイレにお母さんが男の子を連れて行こうとする...
Diary

お陰様から二宮金次郎を知る

「お陰様で」とよく言うけれど、お陰って意味もわからず使っていた簡単に言えば「神仏の庇護」ということが由来とあるそこから「お陰」とは人様の見えない行為を含めた支え、ということかなと思う 人様に迷惑をかけないようにということをよ...
Diary

バスの中で・・優しさを感じ

先日の出来事から 途中下車した家族幼い女の子と手を繋いだお父さんがピッと下車赤ちゃんを抱っこしたお母さんがピッと下車しようとした時運転手が声をかけ「ご主人が2人分って言って払ってますよ」「ここで払戻しできないので‥」またバス...
タイトルとURLをコピーしました