余所見

たまには余所見をしてみるものだ

子供の頃には「余所見をしない!」と叱られる経験は多くの人にあるのでは?

そうやって余所見は良くない事として認識してきた

何かに打ち込んでいる時、仕事中、余所見してると

集中していない、真面目に取り組んでいないと見られがち

そして

見ていても聞いていても興味を持とうとしない

でも「知っている」と間違った認識を持ってしまう

目に見えたものだけで判断している

情報として捉えただけで

知っている訳ではない

余った所を見るゆとりは大事

興味を持って見るゆとりがあると、視野の狭さや無知な自分に気づく

狭い世界を手探りで生きるより

余所見することは俯瞰するゆとりに繋がるかも知れない

コメント

タイトルとURLをコピーしました