自己と自分

Diary
「もう一人の自分」に気づく|yoshi|note
stand.fm 「坐禅」の「坐」の字には、「土」の上に「人」が二つ乗っています。これは、現実を生きる自分と、本来の姿である「もう一人の自分」(本来の自己)がどっしりと坐って対話しているさまを表現しています。  人間というのは「こんなことを...

「自分」「自己」を何がつくっているのか?
どういうことなんだろう・・
そんなことを考えてみたことをリンクのnote ↑に書いてみた

体調はどうか、心の声は、魂の声は
書き出す言葉はどこから出ている声なのか
書き出して見える言葉にすることで
振り返りやすいこともある

振り返ることを言葉にしていくことは
面倒だと思う人もいるのだけど
僕も面倒になる時はあるのだけれど
飽きずにこうしていつまでも辞めないのは
嫌いじゃないのだと思う

人生楽しいことや幸せに感じることもあれば
変化もなく平凡に感じることもあれば
怒りを感じたり、苦しく辛いこともある
いろいろ経験させてもらうことで
知ることができることも増えている
普通でも普通でなくても
出来ても出来なくても
共感できることも違う価値観も
あっていい
と思いながら
自分の過ごしやすい生き方ができたら
いいかな・・

noteを日記的に活用しながら
整理してみたいこと
・さとりをひらいた犬を読んだ感想
・PSW(MHSW)として過ごしたことを振り返る
・新たな経験を通して感じること

そんなことを書いてみたら
ここでも深掘りできたらいいかなと思っています

「小さな悟り」の感想を書いていく続きがまだまだありますが
過去に読んだテーマを
改めて今読んでみて感じたことを
音声配信で声に出してみるアウトプットを続けている
そろそろこのfurikaeru.meでも
続きを再開していこうと考えています

コメント

タイトルとURLをコピーしました