#34 もう一人の自分に気づく

小さな悟り

ダメな自分を救ってくれる存在

坐禅の「坐」は土に人が2人

現実を生きる自分」と「本来の姿のもう一人の自分が対話している様を表現している。

頭で分かっていても、行動が違ってしまったり

損得ではないと思いながらも、私欲に保身に走ってしまったり。

行動する前に一呼吸とり、もう一人の自分と対話をする。

もう一人の自分を味方につけると、迷いも悩みも消えて清々しく歩んで行ける・・・

と分かるようで、出来ていない自分がいる

困ったものです。

味方につけていないということかもしれない。

自分ではなく、人の声に耳を傾けているのかもしれない

もっと素直になればいいのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました